【実践形式で解説】初心者でもわかるキーワード選定の5ステップ!

稼ぐ

こんにちは、ふくぴーです。

リベ大でブログを学んで1年で月収10万円を達成し、今では7桁ブロガーとして活動しています!

リーマンくん
リーマンくん

キーワード選定でやりたいことはわかるけど、具体的にどう進めていけばいいの…?

ふくぴー
ふくぴー

なるほど!

それじゃあ実践形式で解説していくね!

キーワード選定でやるべきことがわかっていても、実例がないとなかなかイメージが湧きづらいものです。

そこで今回は、キーワード選定の流れを実践方式で詳しく解説します。

今回の記事でわかること
  • キーワード選定の5ステップ

キーワード選定の基本がわからない方は、こちらの記事を先に読んでおきましょう。

ふくぴー
ふくぴー

キーワード選定後、記事を作成する際に使える便利なツールも紹介するよ!

【実践】キーワード選定の具体例

キーワード選定の具体例

今回は例として「女性に特化した育毛ブログ」の「集客記事で狙うキーワード」の選定方法を、実践形式で解説します。

集客記事については「【PV数アップ】集客記事の書き方を3つの手順で解説」をご覧ください。

例にするブログの概要は以下の通りです。

ブログ概要
  • サイトコンセプト:髪のボリュームがなくなってきた40代女性のヘアケア術
  • マネタイズ方法:ヘアケア商品を購入してもらう
  • 売りたい商品:女性のヘアケア商品(育毛剤・シャンプー・ヘアケアグッズ)

大前提として、今回のキーワード選定で狙うのは「集客キーワードかつロングテールキーワード」です。

なぜなら、検索上位を取る難易度が一番低いためです。

「悩みを解決する方法を考えている」層をターゲットに、上位表示が狙えるロングテールキーワードを探しましょう。

▼「成約までの距離」「検索ボリューム」の組み合わせごとの特徴まとめ

ビッグキーワード
(基本は1単語)
ロングテールキーワード
(目安は3語以上)
商標キーワード
(具体的な商品・サービス名)
強豪サイトが検索上位を占めている商品成約までの距離は近いが、上位表示の難易度は高め
ジャンルキーワード
(ジャンル名)
強豪サイトが検索上位を占めている穴場が見つけにくいが、見つかれば検索上位を狙える
集客キーワード
(悩みに関連する単語)
強豪サイトが検索上位を占めている

\ココが狙い目!/

  • 検索意図により、キーワードの組み合わせがたくさんある
  • 商品成約までの距離は遠いが、もっとも上位表示しやすい
ふくぴー
ふくぴー

キーワードの分類については「【便利ツール紹介】キーワード選定とリサーチの方法について解説」でも解説しているよ!

ここからキーワード選定の実践ステップの解説です。

キーワード選定は、以下の5つのステップに分けられるので、ステップごとに解説します。

キーワード選定の5ステップ
  • ステップ①:読者が検索しそうなキーワードを探る
  • ステップ②:関連キーワード抽出
  • ステップ③:検索ボリュームをチェック
  • ステップ④:キーワードをリストアップ
  • ステップ⑤:ライバルリサーチでキーワードを絞り込む

ステップ①:読者が検索しそうなキーワードを探る

まずはロングテールキーワードを探す前段階として、ビッグキーワードから探ります。

今回の例では、「薄毛 女性 40代」などで検索し、上位サイトの内容をリサーチします。

ここでリサーチすべきことは、読者の「検索意図」「ニーズ」です。

読者の「検索意図」「ニーズ」リサーチ方法は、「【初心者必見】ブログ執筆がはかどる記事構成案について解説」でも解説しています。

 

リサーチの結果、下記の2通りの悩みがわかり、そこから想定される検索キーワードが見えてきました。

40代女性の具体的な悩みの内容想定される検索キーワード
悩み①若い頃に比べて髪が薄くなってきた女性 薄毛
悩み②髪にボリュームが出なくなってきた髪 ボリューム
ふくぴー
ふくぴー

想定される検索キーワードは、ターゲット層のニーズから見えてくるんだ。
Yahoo知恵袋など、Q&Aサイトをリサーチするのも手だよ!

ステップ②:関連キーワード抽出

次に、ラッコキーワードを利用して、「想定される検索キーワード」の関連キーワードを抽出します。

ラッコキーワードは無料で1日5回まで検索できて、メールアドレスを登録(無料)すると、回数制限なく利用できます。

1日に何回も使うこともあるので、登録しておきましょう。

キーワードで検索

ステップ①で決めたキーワード「女性 薄毛」で検索します。

関連キーワードをコピー

関連キーワードが一覧で表示されます。

画面右上「全キーワードコピー」をクリックし、まとめてコピーします。

ステップ③:検索ボリュームをチェック

関連キーワードが拾えたので、キーワードプランナー検索ボリューム(月間検索数)を確認します。

キーワードプランナーは、Google広告に登録すると無料で利用できます。

ふくぴー
ふくぴー

キーワードプランナーの登録方法は、「【無料でリサーチ】キーワードプランナーの登録方法と使い方について解説」で解説しているよ!

検索ボリュームデータ画面を開く

キーワードプランナーの画面を開き「検索のボリュームと予測のデータを確認する」をクリックします。

キーワードを貼り付ける

ステップ②のラッコキーワードでコピーしたものを枠内に貼り付けて、「開始する」をクリックします。

検索ボリュームを並べ替える

「月間平均検索ボリューム」をクリックして「↓」を表示させ、検索ボリューム順に並べ変えます。

「月間平均検索ボリューム」が10〜100のキーワードを確認しましょう。

リーマンくん
リーマンくん

なんでもっと検索ボリュームの大きいキーワードを狙わないの?

ふくぴー
ふくぴー

検索ボリュームが少ない = ライバルも少ないから、初心者でも上位表示を狙えるんだ!

キーワードプランナーの関連キーワード抽出機能について

キーワードプランナーにも、ラッコキーワードと同様の関連キーワード抽出機能が備わっています。

しかし、キーワードプランナーではGoogle広告出稿に適したキーワードが抽出されため、広告出稿しない場合のキーワード抽出には向きません。

ステップ④:キーワードをリストアップ

次に、検索ボリューム10〜100のキーワードの中から、成約に結びつきそうなものだけをリストアップしていきます。

ここで、今一度ブログの概要を思い出してみましょう。

ブログ概要
  • サイトコンセプト:髪のボリュームがなくなってきた40代女性のヘアケア術
  • マネタイズ方法:ヘアケア商品を購入してもらう
  • 売りたい商品:女性のヘアケア商品(育毛剤・シャンプー・ヘアケアグッズ)

ブログコンセプトに合ったキーワードだけをリストアップし、「明らかに自分のブログで狙っても意味のないキーワード」は省きます。

ブログコンセプトに合ったキーワード例
  • 女性 薄毛 対策 育毛剤
  • 薄毛 シャンプー 市販
ブログコンセプトからズレたキーワード例
  • 女性 薄毛 治療 地域名
    →各地域で薄毛治療できるクリニックを探している
  • 女性 薄毛 原因 20 代
    →20代で薄毛の原因を探している

「女性 薄毛」の関連キーワードのリストアップが終わったら、「髪 ボリューム」でも同じようにロングテールキーワードを集めましょう。

今回の例では、5つのロングテールキーワードが候補に残りました。

キーワード候補例
  • 女性 薄毛 対策 育毛剤
  • 薄毛 シャンプー 市販
  • 女性 薄毛 対策 食べ物
  • 女性 薄毛 ウィッグ ブログ
  • 髪 ボリュームアップ 女性

リストアップには、エクセルやマインドマップなどを利用すると便利です。

キーワード選定リストアップ例

ステップ⑤:ライバルリサーチでキーワードを絞り込む

リストアップが済んだら、次はキーワードのライバルリサーチです。

リストアップしたキーワードで実際に検索して、上位表示可能かどうかを見極めていきます。

まず「女性 薄毛 対策 育毛剤」をシークレットモードで検索して、1ページ目に表示されたサイトをチェックします。

シークレットモードとは、Google Chromeの画面モードの一つで、過去の閲覧履歴などが保存されない機能です。

通常モードでリサーチをすると、過去の閲覧履歴などのデータが反映された、使用履歴に基づいた検索結果が表示されてしまいます。

そのため、リサーチはシークレットモードに切り替えて行いましょう。

シークレットモードの切り替え方は、Google Chromeヘルプをご確認ください。

シークレットモードで検索

出典:Google

検索した結果、上位表示された記事は

  • 楽天や大手サイト
  • 専門性の高いサイト

が占めていました。

この場合は、個人ブログでどんなに頑張っても上位表示がとれないので、このキーワードは諦めます。

 

同様に、リストアップしたキーワードを順に検索します。

すると「女性 薄毛 ウィッグ ブログ」を検索した結果、アメブロや個人ブログが上位に表示されました。

Google検索結果画面

出典:Google

※検索結果は解説用に用意した架空のもので、実際の検索結果とは異なります。

アメブロや個人ブログが上位表示されているため、自分が記事を書いても上位表示を狙える可能性があると判断できます。

その場合はライバル記事の内容をリサーチし、上位表示が狙えるかを考えましょう。

ライバル記事のリサーチで確認すべきポイントは、「【競合サイト分析】検索上位を狙うためのライバルリサーチについて解説!」で詳しく解説しています。

ライバル記事をリサーチして、自分でも上位表示が狙えると判断できたら、ようやくキーワード選定が完了です。

もし狙えそうなキーワードが見つからなかったら、ステップ①の「想定される検索キーワード」を変えて再チャレンジしましょう。

リーマンくん
リーマンくん

なるほど、結構地道な作業なんだね…

ふくぴー
ふくぴー

地道だけど、やみくもに記事を作るよりもずっと早く収益化に近づくよ!

選定したキーワードで記事作成

記事作成

狙うキーワードが決まったら、集客記事の作成を進めましょう。

集客記事は、読者の悩みを解決する方法を解説した記事で、商品・サービスの紹介が目的のキラーページとは役割が異なります。

集客記事の役割は、主に以下の2点です。

集客記事の役割
  • 検索ボリュームの少ないキーワードで上位表示を狙い、ブログにアクセスを集める
  • 集めた読者をキラーページへと誘導する

集客記事の書き方については「【PV数アップ】集客記事の書き方を3つの手順で解説」で解説しています。

 

また、ラッコツールズの見出し(hタグ)抽出機能を利用すると、指定したキーワードの検索上位10サイトの

  • タイトル
  • 見出し

が一括抽出できます。

ライバルサイトの記事構造や見出しが一覧で確認でき、情報収集作業がラクになるのでおすすめです。

ふくぴー
ふくぴー

会員登録なしで無料で利用できるから、うまく活用しよう!

まとめ:キーワード選定で上位表示を目指そう

検索上位表示

今回は、キーワード選定の具体的な流れを実践的に解説しました。

キーワード選定の手順は以下の5ステップです。

キーワード選定の5ステップ
  • ステップ①:読者が検索しそうなキーワードを探る
  • ステップ②:関連キーワード抽出
  • ステップ③:検索ボリュームをチェック
  • ステップ④:キーワードをリストアップ
  • ステップ⑤:ライバルリサーチでキーワードを絞り込む

キーワード選定をしっかり行うと、初心者でも上位表示させることができます。

自分のブログで戦えそうな穴場を見つけましょう。

ふくぴー
ふくぴー

初心者でも、集客記事で上位表示を狙っていけば、収益発生にグッと近づくよ!

以上、ふくぴーでした!

 

キーワード選定の基本とキーワードプランナーについては、以下の記事でそれぞれ解説しています。

キーワード選定の基本:【便利ツール紹介】キーワード選定とリサーチの方法について解説

キーワードプランナー登録方法:【無料でリサーチ】キーワードプランナーの登録方法と使い方について解説

リベシティでブログ仲間を見つけよう!

リベ大では、「お金にまつわる5つの力」を磨く実践の場として、オンラインコミュニティ「リベラルアーツシティ(リベシティ)」を運営しています。

▼「お金にまつわる5つの力」を磨けるリベシティ
リベシティ

リベシティ内にはブログに関するチャットが複数用意されており、コミュニティ生たちが日々切磋琢磨しています。

ブログ仲間を見つけたい
少し先を行く先輩たちに教わりたい
ブログに関する情報共有がしたい
自分のブログの添削をして欲しい

など、ブログで「稼ぐ力」を磨きたい方は、ぜひご活用ください♪
同じ志を持った仲間と一緒に成長していきましょう!

リベシティに興味がある方はこちら>>

タイトルとURLをコピーしました