【アクセス解析】アナリティクスの使い方と確認すべき指標について解説

続ける

こんにちは、ふくぴーです。

リベ大でブログを学んで1年で月収10万円を達成し、今では7桁ブロガーとして活動しています!

リーマンくん
リーマンくん

ブログ運営はブログの分析が大事っていうけど、何を分析したら良いの?

ふくぴー
ふくぴー

どんな人がブログに来て、どんな行動をしてるかを知るのが大事だよ!

ブログを運営する上で、非常に重要なのが自分のブログ分析です。

なぜなら、ブログ分析によって、ブログの課題を明確にし、改善できるからです

そこで今回は、ブログに訪れたユーザーの分析ができるGoogleanalytics(アナリティクス)の基本的な使い方について解説します。

こんな人におすすめ
  • ブログの分析方法がわからない
  • ユーザーがブログに訪れるときにどんな行動をしてるか知りたい
  • ブログを収益化したい
ふくぴー
ふくぴー

ブログの分析と改善は、収益化に必須だよ!

アナリティクスの導入方法については「【導入必須】アナリティクスやサーチコンソールの設定方法をイチから解説」で解説しています。

アナリティクスはアクセス解析ができるツール

アナリティクスは、Googleが提供している無料のアクセス解析ツールです。

アナリティクスを確認すると、ブログに訪れたユーザーの属性や行動を把握できます。

リーマンくん
リーマンくん

記事を書いた後、何して良いかわからなかったんだよ~。

どの記事が人気かとか見ていくのかな?

ふくぴー
ふくぴー

記事のアクセス数以外にも重要な数字があるよ!

それらについても解説するね!

アナリティクスでわかる事
  • 読者がどこから見に来てくれたのか
  • どんなページを見てくれたか
  • 何人来てくれたか
  • 何分ぐらい見てくれたのか

アナリティクスで得られた情報をもとに、ブログの改善を行いましょう。

ブログの改善方法については「ブログ記事の効果的なリライト方法の5ステップ!注意点も解説」で解説しています。

アナリティクスで確認すべき指標

ブログを改善するために確認すべき指標は、以下の通りです。

確認する詳細情報
    • ユーザー・セッション・ページビュー
      → ブログへのアクセス数に関わる数字
    • 滞在時間
      → ブログ記事にどれだけ滞在したか
    • 離脱率と直帰率
      → ブログ記事から他サイト等に離脱した割合
    • ユーザー属性
      → ユーザーの年齢や性別などの情報

ユーザー・セッション・ページビュー

これらはすべてブログのアクセス数に関わる数字です。

用語の意味とわかること
  • ユーザー
    ブログの訪問人数のこと。
    訪問人数に対してPV数が多ければ、ブログの内部リンクなどの導線が整っていると考えられます。
  • セッション
    ブログの訪問回数のこと。
    ユーザー当たりのセッション数が多い=ブログにファンがついていると考えられます。
  • ページビュー(=PV)
    記事を見られた回数のこと。
    PV多いほど収益も出やすいため、収益に直結する重要な指標です。
    よく言われる「月間1万PV」などのPV数はこの数値を指します。

▼ブログを遊園地に例えると…

ユーザー・セッション・PV数は、ユーザー→概要から確認できます。

ユーザー、セッション、PV確認方法

この数値を分析すると、問題点や課題を把握して改善に繋げられます。

例えば、ユーザーに対するPV数が少なければ、ユーザーがブログ内を巡回がしていないことがわかります。

滞在時間

その記事にどれだけ滞在していたかを示します。

行動→サイトコンテンツ→すべてのページで、各記事の滞在時間を確認できます。

滞在時間の確認方法

滞在時間が短い場合、その記事は「読みにくい・価値がない」と判断されて、ユーザーが記事の途中で離脱している可能性があります。

リーマンくん
リーマンくん

どれくらいの滞在時間なら良い記事とか基準はあるの?

ふくぴー
ふくぴー

滞在時間は、2,000文字で約3分が目安と言われているよ。

これを基準に滞在時間が極端に短い場合は、リード文や本文を見直しましょう。

読みやすい記事にできれば、ユーザーが最後まで読んでもらえる可能性が高まります。

特にリード文を見直すのは効果的です。

リード文の書き方については「読者満足度が向上するリード文の書き方を解説!」をご覧ください。

離脱率と直帰率

離脱率と直帰率は、ユーザーがブログのどのページを最後に見たかを確認するための指標です。

用語の意味とわかること
  • 離脱率
    ブログ内を巡回していた人が、そのページで離脱した割合のこと。
    離脱率が高い場合は、内部リンクを改善する余地があるかもしれません。
  • 直帰率
    ブログを訪れた人のうち、最初のページを見ただけでブログを離れた人の割合のこと。
    直帰率が高い場合は、ユーザーのニーズを満たせていない可能性があります。

▼離脱と直帰

行動→サイトコンテンツ→すべてのページから、各記事ごとに離脱率と直帰率を確認することができます。

直帰率と離脱率確認方法

ユーザー属性

名前の通り、自分のブログに訪問しているユーザーの属性(年齢や性別割合)を示します。

ユーザー→ユーザー属性から確認できます。

ユーザー属性

ユーザーの属性を把握できれば、メインユーザーにあわせたブログ制作ができます。

メインユーザーごとのブログ制作(例)
  • 若い女性がメイン
    → 華やかな画像を多めにして、読みやすくする。
  • 中高年の男性がメイン
    → 文法的に正しい文章にして、信用を得やすくする。
ふくぴー
ふくぴー

元からターゲットを絞っている場合は、自分が想定した層の読者が来てるか確認してみよう!

アナリティクスの基本的な使い方

アナリティクスで把握できる情報や用語について理解できたら、基本的な使い方を押さえましょう。

明確な目的がない限り毎日チェックする必要はなく、1週間~2週間に1回やれば十分です。

アナリティクスでチェックしたい内容
  • サイト全体のPV数の確認
  • 記事ごとにアクセスデータを確認・比較
  • ブログの流入元を確認
  • ブログ閲覧の利用デバイスを確認

サイト全体のPV数の確認

行動→サイトコンテンツ→すべてのページから、サイト全体のPV数を確認できます。

サイト全体のPV数確認方法

この数字では詳細な分析はできませんが、大まかにブログ全体が順調かどうかを確認します。

PV数から確認することの例
  • コンテンツを増やしてもPV数が伸びない
    → SEOを意識したライティングができているか?
    → そもそもブログがニーズのあるジャンルか?
  • PV数は大幅に増えているのにアフィリエイトの成約が増えない
    → セールスライティングができているか?
    → そもそも紹介しているサービスが適切か?
リーマンくん
リーマンくん

PV数だけでもいろいろ考えることはあるんだねー。

ふくぴー
ふくぴー

PV数と他の数字を組み合わせると見えてくることがあるよ!

一喜一憂する必要はないけど、時折チェックするようにはしたいね!

具体的なリライトの方法については、それぞれ以下の記事をご確認ください。

アクセスアップのためのリライト:【具体例付き】ブログのアクセス数を増やすリライト方法!

成約率アップのためのリライト:【原因を探る】ASP案件が成約されない時にすべき2つの対策

記事ごとにアクセスデータを確認・比較

行動→サイトコンテンツ→すべてのページから、各記事のデータを一覧で確認できます。

記事のデータ一覧

各記事の

  • アクセス数
  • 滞在時間
  • 離脱率

などを分析結果は、リライトすべき記事の選定に活用しましょう。

また、集客できている記事を把握して、キラーページへの導線などサイト設計についての検討も行えます。

さらに特定のページをクリックすると記事単位のデータの推移も確認できます。

記事単位の情報をみる

記事単位のデータ推移

データの推移を確認することで、リライトした内容や構成の変更の結果を振り返る材料となります。

リーマンくん
リーマンくん

どの記事が人気かを見て終わりじゃないんだね。

ふくぴー
ふくぴー

あくまでブログを分析して収益化していくことが目的だからね。

記事ごとのアクセスデータから何をすべきか考えるのが大事なんだ!

リライト記事の選定について「ブログ記事の効果的なリライト方法の5ステップ!注意点も解説」をご覧ください。

 

また、指定した期間でアクセスデータを比較できます。

アクセスデータ比較の方法
  1. 右上の日付横にあるプルダウン(▼)をクリック
  2. 「比較」にチェックを入れる
  3. 比較する日付を指定
  4. 「適用」をクリック

比較方法

例えば、先月と今月の比較を見ることもできます。

先月と今月の比較

ある程度の期間を比較することで、ブログの改善が進んでいるか確認することが可能です。

リーマンくん
リーマンくん

確かに数字が見えないまま改善してても、正解かどうかわかんないもんね。

ふくぴー
ふくぴー

比較する期間に、自分が何をしたか把握しておくと良いよ。

例えばリライトしてアクセスが増えたなら、良いリライトができたってことだからね!

ブログの流入元を確認

集客→概要から、ユーザーがブログにどのように訪れたかを確認できます。

ユーザーの参照元

なお、参照元の項目には下記のようなものがあります。

主な参照元と内容
  • Organic Search
    → 検索エンジン(Google、Yahoo、Bingなど)からの流入。
  • Social
    → SNS(Twitter、Facebookなど)からの流入。
  • Referral
    → 外部リンク(他サイトのリンク)からの流入。
  • Direct
    → URLの直接入力やブックマーク、スマホアプリなどによる流入。
リーマンくん
リーマンくん

流入元がわかると何が良いの?

ふくぴー
ふくぴー

流入元にあわせた集客方法を考えることができるよ!

例えば、SNSからの流入が多ければSEO対策よりSNS運用を重視するのも1つの手だね!

ブログ閲覧の利用デバイスを確認

ユーザー→モバイル→概要から、ユーザーが利用しているデバイスを確認できます。

ユーザーデバイスの確認方法

表示される参照元と内容は下記のとおりです。

主な参照元と内容
  • desktop
    → PC(Windows、Mac等)からの閲覧。
  • mobile
    → スマートフォン(iPhone等)からの閲覧。
  • tablet
    → タブレット端末(iPad等)からの閲覧。

最近はスマホユーザーが多いですが、PCの割合が高ければPCでも見やすいようにサイト構成を整える必要があります。

リーマンくん
リーマンくん

よく見られるデバイスに合わせてデザインすれば良いんだね!

ふくぴー
ふくぴー

PCユーザーの割合が高い場合でも、SEOの観点からはモバイルフレンドリーなデザインを心がけるのがおすすめだよ!

モバイルフレンドリーの重要性については「【初心者必見】SEO対策のやり方をわかりやすく解説!」の記事でも解説しています。

まとめ:アクセス・収益アップにはデータ分析が必須

今回はアナリティクスの使い方を解説しました。

アクセス・収益アップにはデータ分析が必須です。

なぜなら、データ分析をしなければブログの改善点がわからないためです。

ブログで稼ぐために、アナリティクスの基本的な使い方をマスターしましょう。

アナリティクスの基本的な使い方
  • 指定期間でアクセスデータを確認・比較
    → 指定期間で実施したことの善し悪しを判断する。
  • 記事ごとのアクセスデータを確認・比較
    → リライトなどの改善方針を検討する。
  • ブログの流入元を確認
    → 流入元にあわせた集客方法を検討する。
  • ブログ閲覧の利用のデバイスを確認
    → ブログ閲覧に利用されるデバイスで見やすいサイト構成にする。
ふくぴー
ふくぴー

細かい分析もいろいろあるけど、ここで紹介したことを実践すれば大丈夫だよ。

最も大事なことは分析した後の、コンテンツ改善です。

定期的にアクセスデータのチェックをして、改善する習慣をつけましょう。

そして、収益アップしていきましょう。

以上、ふくぴーでした!

 

アナリティクスの導入方法:【導入必須】アナリティクスやサーチコンソールの設定方法をイチから解説

サーチコンソールの使い方:【検索パフォーマンス分析】サーチコンソールの基本的な使い方について解説

記事の基本的な書き方:【初心者必見】ブログ記事の構成や書き方の基本を徹底解説!

リライトの方法:ブログ記事の効果的なリライト方法の5ステップ!注意点も解説

リベシティでブログ仲間を見つけよう!

リベ大では、「お金にまつわる5つの力」を磨く実践の場として、オンラインコミュニティ「リベラルアーツシティ(リベシティ)」を運営しています。

▼「お金にまつわる5つの力」を磨けるリベシティ
リベシティ

リベシティ内にはブログに関するチャットが複数用意されており、コミュニティ生たちが日々切磋琢磨しています。

ブログ仲間を見つけたい
少し先を行く先輩たちに教わりたい
ブログに関する情報共有がしたい
自分のブログの添削をして欲しい

など、ブログで「稼ぐ力」を磨きたい方は、ぜひご活用ください♪
同じ志を持った仲間と一緒に成長していきましょう!

リベシティに興味がある方はこちら>>

タイトルとURLをコピーしました